奇術の森

種明かしだけじゃない手品・マジックの楽しさ伝えます

マジックのタネ明かしが良くないのは、「マジックはタネだけで成り立っている」と思わせるからだと思っている

f:id:beed:20180212135242j:plain

昔からマジックのタネ明かしは良くないことだと言われています。マジックの初心者に向けたアドバイスとして有名なサーストンの三原則でもタネ明かしはしてはいけないとされています。

magic.butsuyoku.top

なぜタネ明かしをしてはいけないのでしょうか?

マジシャンがマジックのタネを教えるとマジシャンの共有財産であるトリックが使えなくなって困るからという人もいます。実際テレビなどでタネ明かしがされると普段は何も言わないのに自分が使っているネタのときだけ抗議するプロマジシャンも多いそうです。

でも、僕はタネ明かしの最大の問題は「マジックはタネだけで成り立っている」と思わせることだと思っています。そういう意味ではタネ明かしだけでなく、「タネが見破れるか?」といったタネばかりに注目させることも同じようにマジックの質を下げています。

タネの秘密だけの話であれば、最近はYouTubeなどですぐに見つけることができます。ちょっとお金を出せば本やDVDを買って知ることができます。でも、多くのお客様は昔からあるクラシックのマジックで今でとても驚いてくれます。

個人的にはマジックのタネがバレて広く知られるようになってもさほどマジシャンは困らないと思っています。それでもなおマジックのタネ明かしは良くないと考える理由を書いてみようと思います。

マジックは演じるもの

マジックには必ずタネがあります。そのタネを使うことで観客に不思議な世界を体験させるのがマジックです。でも、観客に不思議な世界を体験させることはタネだけではできません。しっかりとしたストーリーやプレゼンテーションがあって初めてマジックになるのです。

全く同じタネでも演者の力量で面白さはぜんぜん違うものになります。

magic.butsuyoku.top

マジックにおけるタネは特撮映画の特撮みたいなもので、それがなければ成立しないけどそれだけでも成立しないものなんですよね。

お客様の心に残るのはタネでなく不思議である

マジックを演じると「どうやったの?」とか「タネを教えて!」と聞かれることがあります。でもお客様は実はそれほどタネに興味はありません。もちろんタネを聞いてくる以上まったくタネに興味がないということではありませんが、本当に大切なのはマジックが見せた不思議なのです。

マジックでしっかりと不思議な体験をしたお客様はその体験をずっと覚えてくれているものです。仮にその後すぐにタネ明かしをしてしまったらその不思議な体験はすぐに魅力を失ってしまいます。タネを知ったことで好奇心を満たされた瞬間的な満足感はあってもそれで終わりです。

テレビでタネ明かしなどがあってすぐに同じネタを見せると知っている人がいますが、1年もすれば誰も覚えていないものです。でも目の前で見た不思議にノックアウトされた人は何年も覚えてくれています。

タネ明かしは「マジックはタネだけで成り立っている」と思わせる

個人的にはマジックのタネがインターネットなどで公開されたところでマジシャンが困ることはほとんどないと思っています。

昔からマジックにタネがあることくらいみんな知っています。ネットでタネが公開されたところでたくさんあるマジックの原理を片っ端から覚えているような人はまずいません。いたらそれはマジック大好きなマニアなのでタネを知っていても気にする必要はありません。

ですからマジックのタネが多少人目に触れるところにあってもそれ自体はマジックの楽しみを奪うものではないと思います。

でも、マジシャンが自分で演じたマジックのタネを教えてしまうようなことはあってはいけません。それはお客様が体験した不思議を否定し、「マジックはタネだけで成り立っている」と思わせることにつながります。

タネを知れば誰にでもできると誤解させ、マジックが持つ本来の魅力を損なうことになります。タネを公開しておもしろいと思わせるのはパズルなどの役目です。

まとめ

マジックはタネ無しには成立しません。でもマジックのタネって知るとたいした事ないと思われるようなものが多いのです。タネ明かしをしておもしろいと思われることはほとんどありません。

タネ明かしはマジックの持つ不思議という魅力をなくしてしまい、「マジックはタネだけで成り立っている」と思わせる行為であり、まったくメリットがありません。