奇術の森

種明かしだけじゃない手品・マジックの楽しさ伝えます

これからマジックをはじめたい方のために入門記事を用意しています!!
 ◆1からはじめる人のためのカードマジック入門講座 全10回
 ◆これからマジックをはじめたい方のためのマジック入門情報まとめ

【マジック紹介】赤と黒のカードは水と油!?赤と黒が分離する名プロット「Oil & Water(オイル・アンド・ウォーター)」

f:id:beed:20171216190722j:plain

水と油は混ざらないというのは昔からの常識ですね。ことわざでもお互いが反発しあって仲が悪い関係を水と油なんて言ったりします。そんな水と油の関係に例えたマジックがあります。

「Oil & Water(オイル・アンド・ウォーター)」日本語ではそのまま水と油という名前で呼ばれているとても人気の高いパケットマジックです。

現在のオイル・アンド・ウォーターの流れの原型となる作品を生みだしたのはエドワード・マルローだと考えられています。赤と黒が分かれるというマジック自体はそれ以前からありますが、水と油に例えるアイデアや数枚の赤と黒のカードを交互に重ねるのを見せたあと別れているという流れはマルローによるものでしょう。

目の前で赤と黒を交互に重ねたばかりのカードが分離するのはとてもビジュアルでインパクトがありますし、多くの作品では一度分離するだけでなく2〜3回分離したあとにオチがあり、見ごたえのある作品となっています。

エドワード・マルロー師の「Oil & Water(オイル・アンド・ウォーター)」

「黒いカードは油で赤いカードは水を表しています。」と言いながら黒い4枚のカードと赤い4枚のカードを交互に重ねていきます。「しかし、水と油は混ざりません」と言って表を確認するといつの間にか赤と黒が分離してしまっています。

エドワード・マルローの生み出したオイル・アンド・ウォーターというプロットは爆発的な人気となり、細かいものまで合わせるとおそらく数百種類にも登る作品が発表されています。

エドワード・マルロー自身もいくつもオイル・アンド・ウォーターのバリエーションを発表していますが、その中でも初期の作品がカードマジック辞典で解説されており、これにより日本にオイル・アンド・ウォーターが初めて紹介されたのだそうです。

今回はそのカードマジック辞典に解説されたエドワード・マルロー師の「Oil & Water(オイル・アンド・ウォーター)」の実演を撮ってみました。正直けっこうヒドい出来ですが、せっかく撮ったので載せておきます。


【マジック・手品】Oil & Water(水と油) 原点の探求

この手順ですでにオイル・アンド・ウォーターのプロットは完成していると言っていいですね。2回の分離のあとに混ざるオチがついてしっかりと見ごたえのある作品になっています。

でも、一方で使っている技法などは近年の作品に比べると荒削りな印象です。特にエキストラが2枚あるので角度に気を使うし、至近距離では辛いものがあります。

おそらく近年ではこれをそのままレパートリーにしている方はいないのではないかと思いますが、オイル・アンド・ウォーターの原点とも言える作品なので、あえて演じてみた事自体は良い経験でした。

ヒロ・サカイ師の「Oil & Water(オイル・アンド・ウォーター)」

僕が実際にレパートリーにしているのはヒロ・サカイ師のオイル・アンド・ウォーターのバリエーションである「セパレーション・エイト」というマジックです。美しい分離、そして入れ替わりのオチ、数あるオイル・アンド・ウォーターの中で特に気に入っています。


【マジック・手順】セパーション・エイト(ヒロサカイ師のオイル・アンド・ウォーター)

セパレーション・エイトはヒロ・サカイ師のレクチャーDVD「旅人のすみか 西洋歌留多編」で解説されています。このDVDにはレギュラーデックでできる8つのカードマジックが解説されていますが、いずれもとても素晴らしい手順で特にバニラ・スカイという2枚のサインカードが融合するマジックはとてもインパクトが強いし演出も素敵で良く演じていました。

こちらのDVDはマジックショップなどで購入できますので気になる方は検索してみてください。

まとめ

「Oil & Water(オイル・アンド・ウォーター)」はカードマジックの中でも一大ジャンルとなっている人気の高いプロットです。多くのバリエーションが発表されていますがカードマジックを演じる人であれば1つくらいお気に入りのオイル・アンド・ウォーターをレパートリーにしているのではないかと思います。