奇術の森

種明かしだけじゃない手品・マジックの楽しさ伝えます

【カードマジック入門講座 第4回】コントロールの概念を学ぶ!ヒンズーシャッフルを使ったボトムコントロールと2枚のジャックがカードを捕まえるマジック

f:id:beed:20170909012101j:plain

前回初めてのシークレットムーブを使ったマジックを解説しました。前回はとにかくお客様の前で技法を使うことを体験してみようということでなるべく扱いやすく単発の技法で行えるマジックを解説しましたが、今回はさらに本格的な技法にチャレンジしてみます。

今回解説するのはヒンズーシャッフルを使ったボトムコントロールですが、この技法を通じてコントロールという概念を覚えて欲しいと思います。

2枚のジャックがカードを捕まえるマジック

今回はボトムコントロールを使ったマジックとして2枚のジャックがカードを捕まえるマジックを1つ解説します。まずは実演動画で現象を確認してください。


【カードマジック入門講座】2枚のジャックがお客様の選んだカードを捕まえる!【実演編】

お客様の選んだカードを覚えてもらい、一組のトランプの中に戻して混ぜます。あらかじめ抜き出しておいた2枚のジャックでトランプを挟みおまじないをかけると2枚のジャックが1枚のカードを捕まえます。もちろんそれがお客様が選んだカードなのです。

比較的簡単にできる技法で構成したサンドイッチエフェクトのマジックです。とはいえ初心者が演じるにはそれなりの練習が必要となるマジックです。その分とてもビジュアルでウケの良いマジックですね。

ヒンズーシャッフルを使ったボトムコントロール

カードコントロールとは

カードマジックには数えきれないほどの技法があります。無数の技法すべてを把握するのは不可能ですが、その中でももっとも多くのマジシャンが研究しているのがカードコントロールと呼ばれるものではないかと思います。

カードコントロールというのは簡単にいうと「目的のカードを目的の位置に持っていく」技法の総称です。

もっとも一般的なのはトップコントロールとボトムコントロールの2つでトップコントロールは特定のカードをトランプの一番上に、ボトムコントロールはトランプの一番下に持っていく技法の総称です。

ヒンズーシャッフルを使ったボトムコントロールの解説

カードコントロールの方法はとにかくたくさんあるのですが今回はなかでも比較的簡単にできるボトムコントロールを1つ解説します。ヒンズーシャッフル(第2回で解説したもの)を使いますので、まずは正しいヒンズーシャッフルを確認してください。


【カードマジック入門講座】初心者でも使いやすい!ヒンズーシャッフルを使ったボトムコントロール【解説編】

このヒンズーシャッフルを使ったボトムコントロールは比較的簡単にできるものを選びましたが角度の問題がありますのでこれについては鏡などでしっかりと確認しながら練習してください。できればカメラで撮影して確認するとより確実です。

2枚のジャックがカードを捕まえるマジックの解説

では、ボトムコントロールができるようになったという前提で2枚のジャックがカードを捕まえるマジックの解説を行います。


【カードマジック入門講座】2枚のジャックがお客様の選んだカードを捕まえる!【解説編】

ボトムコントロール以外は難しく感じるところはないはずです。最後の2枚のジャックがカードを捕まえる瞬間の技法はやってみるととても簡単にできます。ただし、慣れないとトランプをまき散らすことになりかねませんのである程度は練習しておいてください。

2枚のカードで1枚のカードを捕まえるのに使用している技法はホフジンサートスという名前の技法です。 ホフジンサーという名前は200年ほど前にオーストリアで活躍したプロマジシャン、ヨハン・ネポムク・ホフジンサー(Johann Nepomuk Hofzinser)から来ています。ホフジンサーは近代・現代マジックに重要な様々な原理や現象を考案し大きな影響を与えた素晴らしいマジシャンですが、「道具とメモは破棄するように」という遺言を残したため資料の大半は破棄されてしまいました。 残った数少ないメモの中でも18のマジックの現象のアイデアは有名で「ホフジンザー・プロブレム (Hofzinser's problem)」と呼ばれ今でも多くのマジシャンの研究対象になっています。

おまけ スロップシャッフルを用いたトライアンフ

前回スロップシャッフルを使った4枚のエースの出現を解説しましたが、今回解説したボトムコントロールと合わせるとカード当てに使うこともできます。


【カードマジック入門講座】種明かし!スロップシャッフルを用いたトライアンフ【実演&解説】

おまけということにしていますがとってもウケる優れたマジックですよ!

まとめ

今回はヒンズーシャッフルを使ったボトムコントロールと2枚のジャックがカードを捕まえるマジックを解説しました。特にコントロールはカードマジックでは最も重要な技法のひとつです。しっかりと身につけてください。

次回はさらに汎用性が高く広くカードマジックで扱われる技法「ブレイク」と「ダブルカット」を解説します。