奇術の森

種明かしだけじゃない手品・マジックの楽しさ伝えます

【初心者へのアドバイス】サーストンの三原則を知ろう!

f:id:beed:20170702225720j:plain

マジック界でよく知られた教訓にサーストンの三原則と言うものがあります。サーストンというのは昔アメリカで活躍したマジシャン、ハワード・サーストン氏のことですが、実際には氏の言葉ではないようです。偉人の名前を借りてそれらしい名言が流布するのはよくあることなのでそういうものの類でしょう。

しかし、このサーストンの三原則というのはとてもよくできています。特に初心者のうちは守ったほうが良い優れた教訓ですのでぜひ紹介しておきたいと思います。

サーストンの三原則

サーストンの三原則とは

  • その1 何が起こるかを先に説明してはいけない

  • その2 同じマジックを繰り返し演じてはいけない

  • その3 種明かしをしてはいけない

と、こういった内容になっています。

では、ひとつずつ説明していきましょう。

何が起こるかを先に説明してはいけない

マジックの持つ面白さのひとつに意外性があります。観客が想像していなかったことが起こることでビックリするわけですね。でも先に説明してしまっては意外性がなくなってしまいます。

簡単にいえばネタバレしちゃうと面白くないよってことですね。映画や小説もオチをバラされたら嫌ですよね。でもマジックではやってしまいがちなんですよね。

また、何が起こるかってことを知ってしまうと観客が身構えちゃうのでタネがバレやすくなってしまいますし、ハードルが上がりすぎて実際に演じたときにがっかりされてしまうなんてことにもなりかねません。

マジックを演じるときには適切な説明は必要ですが、説明し過ぎには気をつけましょう。

同じマジックを繰り返し演じてはいけない

まず、同じマジックを繰り返し演じるということはオチがわかった状態で演じるわけですからうえで説明した原則その1「何が起こるかを先に説明してはいけない」を破っている事になります。

さらに観客も二回目となると不思議さを楽しむというより「タネを見破ってやる!」という気持ちになってしまいがちです。つまりマジシャンと観客の対決みたいになっちゃうんですね。これでは演じる方も楽しくないし、雰囲気が悪くなってしまいます。

マジックがウケるともう1回やってみたい気持ちになるかもしれませんが、2回目が1回目よりウケるということはまずありませんからやめておきましょう。

ちなみに、1つのマジックの中で同じ現象を繰り返して不思議さを高めるマジックもありますが、一連の手順の中で同じような現象が複数回あるのはOKです。

種明かしをしてはいけない

マジックを演じるとタネを教えて〜と言われることがあります。みんなタネは気になりますからね。でもタネを教えたらまず後悔します。タネを知って感心する人などごく少数ですから。

みんなマジックのタネというとすごい秘密があるように思いますが、実際のタネというのはシンプルで単純なものがほとんどです。だからタネを知るとがっかりしてしまうのです。中にはそんな簡単なタネに騙されたのかと不快になってしまう人もいます。

いずれにせよ、せっかく体験した不思議なマジックはタネを知った瞬間に色あせてしまうのです。

それよりも不思議な体験をしたらそのままにしておいたほうが良いのです。そのほうがその次もまたマジックを見たい気持ちになってくれますし、演じてみせたマジックもずっと印象に残ります。

サーストンの三原則の例外

記事の冒頭でサーストンの三原則は初心者のうちは守ったほうが良いと書きました。サーストンの三原則はマジック界で有名なだけあってたしかに有効な至言なのですがあくまで原則です。例外もあるのです。というか全然守っていないマジシャンもいますが、ちゃんとわかっているのであれば問題ないのです。

例えばMr.マリック氏はこれから何をするかを詳しく説明してから演技をします。これは先に説明しておくことで不思議さを際立たせるためです。同じ現象を繰り返すような演出も同じですね。

観客が何が起こるかを知っている状態で現象を起こしたほうが不思議に見えるというのはなんとなく想像できますよね。

また、先に説明することで期待感を煽ることもできます。より期待感を煽ってそれを見事に打ち破ることでより盛り上がるマジックになるというわけです。

ただ、これらの演出は上級者向けです。観客の注目のなかでタネがバレないように演じる技術力や観客の期待値を上回る演技が必要ですから初心者のうちは原則を守ったほうがいいでしょう。

まとめ

この記事では昔からマジック界で知られている「サーストンの三原則」を紹介しました。

サーストンの三原則は初心者にとってはとても頼りになる至言ですから知っておいて損はありません。将来的には自分で考えてこの原則から離れていくこともあるでしょうが、まずは守るべき原則として考えておきましょう。

関連記事 【随時更新】これからマジックをはじめたい方のためのマジック入門情報まとめ - 奇術の森