奇術の森

種明かしだけじゃない手品・マジックの楽しさ伝えます

【マジックのマナー】マジシャンがお客様からモノを借りるということについて考えてみよう

f:id:beed:20170626122035j:plain

マジックを演じると使っている道具が怪しい、仕掛けがあるのではないかと疑われることがよくあります。そうした疑いをなくすためにマジシャンはお客様に仕掛けがない道具であることを示したり、道具を検めてもらったりするわけですがが、より確実な方法としてお客様から借りるというのがあります。

例えばよくあるビルチェンジ、千円札が一万円札に変わるマジックを演じるときに千円札をお客様から借りるといった感じですね。

お客様から借りた道具で不思議な現象が起こるというのは非常にインパクトがあるので借りた道具を使いたくなる気持ちはわかりますが、僕個人はあまりお客様から借りて演じることはしません。もしくは借りるのであればそれ相応の準備をします。なぜなら人からモノを借りるということはそれなりに誠意がいることだからです。

でもお客様からモノを借りる場合のマナーがなっていないマジシャンが多くいるのも実情です。

今日はマジシャンがお客様からモノを借りるということについて考えてみたいと思います。

お客様からモノを借りる場合のマナーがなっていないマジシャン

マジックに使う道具についてお客様から借りるときにどうもマナーに無頓着なマジシャンが多い気がします。

f:id:beed:20170626122103j:plain

例えば冒頭に書いたビルチェンジ、千円札が一万円札になるマジックで考えて見ましょう。

ビルチェンジにもいろんなやり方があるのですが、一番オーソドックスなものは千円札を小さく折りたたんでいき、おまじないをかけて広げると一万円札になっているというものでしょう。その後何らかの方法で千円札に戻してお客様に返すわけですが、何も考えないでやるとくちゃくちゃの千円札をお客様に返すことになってしまいます。

しわがあってもなくても千円は千円で同じ価値ではあるのですが、しわがない(少ない)お札を借りておいてくちゃくちゃのお札を返すのはどう考えても失礼です。

もちろん「私は気にしませんよ~」って方もいると思いますが、不快に思う方も少なくないでしょうし、いいよって言われたからといってそれに甘えるのはよくありません。仮に借りた千円札で演じたいのであればきれいなお札を用意しておいて返すくらいの準備は必要です。できればお札をきれいにするところもマジックやギャグにできるともっと良い感じに返せると思います。

状況によっては準備をしていないときにお客様のほうから「千円を一万円にするマジックを見せて」みたいにリクエストがかかることもあると思いますが、そういった場合でも「折り目がついてしまいますが良いですか?」など一言添えることが大切だと思います。

でも、こういったことができないマジシャンが多いんですよね~。

ちなみに有名マジシャンのショーなどでもこうしたシーンを見ることがあります。これで勘違いしてしまう人ももしかするといるのかも知れません。例えば以前マイケル・アマー氏(アメリカの有名マジシャンです)のショーでレモンから出てきた濡れたお札をお客様に返しているシーンを見たことがあります。

でもね。これはアマチュアマジシャンがやるのとはまったく意味が違うのです。有名人のサインは欲しくても誰か知らない人のサインは要らないでしょ?有名な人、自分が高価なお金を払って見に行くような人だから多少のことならむしろ価値が上がるのです。これをアマチュアがやっちゃいけないんですよ。

お客様の大切なものを無造作に扱ってはいけない

お客様からモノを借りるときは常に細心の注意が必要ですが、特に注意が必要なのはお客様の特別な品を借りるケースです。僕はよほどのことがない限りやめるべきだと思っています。

f:id:beed:20170626122231j:plain

よくあるのが指輪を使ったマジック。消えた指輪が別の場所から出てきたり、切れ目のない指輪がつながったり。。。こうしたマジックを演じるときにお客様から指輪を借りるのですが、こうしたマジックに向いているのが飾りの少ないシンプルな指輪なんですよね。

そんなわけで結婚指輪などを借りたがるマジシャンが結構いるんですけど、ちょっとありえないですよね?その指輪の意味わかってますか?って思いませんか?しかも指輪を移動させる仕掛けで傷がついたりしかねないなんてことを平気でやるのですよ。

お札のように代替がきくものや消耗品であればマナーを守った上で借りるのはありだと思いますが、お客様にとって特別な意味のあるものを平気で借りようとするのはありえないことです。

まとめ

マジシャンにとってはマジックというのはとても大切なものです。大好きなマジックをより魅力的に演じるためにはどうすれば良いかってことで頭がいっぱいになることもあるでしょう。モノを借りるマナーがなっていないマジシャンはそうした状態にあるのだと思います。

でもお客様にとっては違います。ちゃんとマナーを守ってマジックを演じる必要がありますよね。

マジシャンがマナーを守ってマジックを演じるからお客様も安心してマジックを楽しめる。それがまず一番最初に必要なことであると思います。

お客様から借りて演じたいと思ったら、マジシャンがお客様からモノを借りるということについて一度考えてしっかりと考えてみてからにしましょう。