奇術の森

種明かしだけじゃない手品・マジックの楽しさ伝えます

思ったカードがだけが裏向きに!なんだかんだ言って優秀なギミックデック「Invisible Deck(インビジブルデック)」はサロンマジックにこそおすすめしたい

僕は普段はレギュラーデック、普通のトランプでできるマジックしかしません。なぜかと言えば楽だからです。デック1つあればいろんなマジックができますし、取り扱いに気を使う必要もありません。 でも、やっぱりギミックを使うとレギュラーデックでは実現で…

フレンチドロップのメールマガジン「週間スペルバウンド」&石田隆信氏のコラムがおもしろい!マジック好きなら必見ですよ!

僕が毎週楽しみにしているメールマガジンがあります。フレンチドロップが発行しているメールマガジン「週間スペルバウンド」です。毎週金曜日に届くのですが、毎回ちょっとしたマジックの小ネタやマジックをテーマにしたコラム的なものが読めておもしろいん…

あけましておめでとうございます!2018年マジック動画でご挨拶&名刺の印刷マジック

あけましておめでとうございます!きったんです。 すでに1月6日になり正月っぽさはなくなってしまいましたがなんか早くないですか(^_^;)まだ松の内ですからね。僕が子供の頃は1月7日くらいまではしっかり正月気分だったと思うのですが、最近はいろんなものの…

【マジック紹介】切れ目の無い輪っかがつながる!ポケット・リング(チャイナ・リング)はクロースアップからサロンまで使える定番マジック

大晦日ですね。この記事な2017年最後の記事ですが、内容は平常運転でまいります。 今回はポケット・リングについて書いてみようと思います。 金属製の輪っかがつながるマジックをリンキング・リングと言います。遠目でも見えやすく見栄えがすることからステ…

カードマジック事典・カードマジック入門事典は名著だけど初心者が買ってはいけない

日本のカードマジックにおけるバイブルといえば高木重朗氏の書かれたカードマジック事典でしょう。1983年に刊行され、装丁は変わっているもののいまだに売れ続ける名著です。 その後、刊行されたカードマジック入門事典とあわせて、世界のカードマジックを数…

【マジック紹介】赤と黒のカードは水と油!?赤と黒が分離する名プロット「Oil & Water(オイル・アンド・ウォーター)」

水と油は混ざらないというのは昔からの常識ですね。ことわざでもお互いが反発しあって仲が悪い関係を水と油なんて言ったりします。そんな水と油の関係に例えたマジックがあります。 「Oil & Water(オイル・アンド・ウォーター)」日本語ではそのまま水と油…

マジシャンズ・チョイス(エキボック)を道具への疑いを晴らすためのサトルティとして使うのならば最後のひとつまで絞る必要はない

ベテランの人はなんとなくやっているけど、初心者はなかなか気づくことができないポイントみたいなものってありますよね。今日はそんなポイントの一つの話。 マジックに使うフォースのひとつにマジシャンズ・チョイスがありますよね。別名でエキボックとも呼…

【マジック紹介】鮮やかな4枚のエースとキングの入れ替わり!ポール・ハリス師の名作「Reset(リセット)」

「Reset(リセット)」というマジックがあります。マジック界では非常に有名でかつマジシャンから人気の高いマジックです。マジシャンが演じてみたいマジックのアンケートを取ったら間違いなく上位に入りそうなカードマジックなのです。 短すぎず、単発の現…

どんなにアンコールされても同じマジックを繰り返し演じてはいけない

マジックはひとつだけ演じてすぐに終わるともっとも良い効果を発揮してくれます。少なくともマジックをはじめたばかりの頃は一度に演じるマジックひとつだけにしておきましょう。 そして、どんなに「もう一度やって!」と言われても同じマジックを2度演じて…

「しあわせの書」を使ったブック・テストのやり方とデビット・ホイ式のブック・テストの解説

ブック・テストは素晴らしいマジックです。そして「しあわせの書」は故・厚川昌男氏が残した素晴らしい本です。しかし、やり方の解説もないので入手しても使い方がわからないという方もいらっしゃると思います。 そこでこの記事では「しあわせの書」を使った…

【マジック紹介】悲鳴が上がるほど衝撃の読心術!「Book Test(ブック・テスト)」について

先日会社の飲み会でマジックを演じることになりいくつかのマジックを演じました。カードマジックやコインマジックは無しで演じたものはすべてメンタルマジック(超能力風のマジック)です。 マジックはかなりウケてとても楽しく演じることができましたが、そ…

忘年会・新年会などの飲み会で一発芸に使える簡単なマジックを紹介!ネクタイが首を抜けるマジックと簡単な準備でできるティッシュマジックの解説・タネ明し

11月も中盤、だんだん寒くなってきましたね。そろそろ忘年会のスケジュール調整とかも始まってる頃じゃないですか? 今回は忘年会・新年会などの飲み会で使いやすい一発芸的なマジックを紹介します。 マジックというとトランプとかをイメージする方も多いと…

【カードマジック入門講座 最終回】ビジュアルかつインパクト大の本格手順!「Hofzinser Ace Problem(ホフジンサー・エース・プロブレム)」と「The Traveling Visitor(トラベリング・ビジター)」

ついにカードマジック入門講座最終回となりました。今回は今までのカードマジック入門講座の集大成ということでかなり本格的な手順に挑戦してみたいと思います。 今回解説するのは「Hofzinser Ace Problem(ホフジンサー・エース・プロブレム)」と「The Tra…

【カードマジック入門講座 第9回】4枚のエースが主役のルーティーン!本格マジック「Cutting the Aces(カッティング・ジ・エーセス)」を学ぶ

カードマジック入門講座もいよいよ残すところあと2回となりました。最後の2回では複数のマジックを組み合わせて一連の手順にしたものを解説します。 今回は4枚のエースを主役にしたマジックを3つ組み合わせて1つの手順にしています。特に目玉はダイ・ヴァー…

【カードマジック入門講座 第8回】カウントの概念を学ぶ!定番のパケットマジック「Jazz Aces(ジャズ・エーセス)」でエルムズレイカウントを身につけよう!

全10回を予定しているカードマジック講座も8回目となりました。今回で新しい技法の解説は最後です。第9・10回では今まで扱った技法を使ってできる本格的なマジックの手順をいくつか解説します。 今回は今までと毛色を変えパケットマジックをひとつ解説します…

【カードマジック入門講座 第7回】フォースの概念を学ぶ!ヒンズー・シャッフル・フォースと名作「Chicago Opener(シカゴ・オープナー)」

全10回を予定しているカードマジック入門講座も第7回となりました。今回はフォースと呼ばれるカードマジックの技法といいますか手法の考え方を知ってもらおうというのが狙いです。 フォースは非常に強力な技法なのですが、ある種の特別な難しさがある技法で…

【カードマジック入門講座 第6回】カードのチェンジやすり替えができる便利な技法「ダブルリフト」

今回はカードマジックの技法でも非常に便利な技法「ダブルリフト」を解説します。便利すぎて現代のマジック界では使われすぎている感もありますが、これができるとかなり不思議なことができます。 前回までに開設したブレイク、カードコントロール、そして今…

【カードマジック入門講座 第5回】カードマジックで最も重要な基本技法「ブレイク」と汎用性の高いカードコントロール「ダブルカット」

前回のカードマジック入門講座から半月も時間が空いてしまいました。自宅のネット環境が良くなくて動画のアップがしにくい状態になっていたのですよね。それでサクッとあらたに世界最速インターネット「NURO光」を申し込んで、あと数日で我が家にやってくる…

【カードマジック入門講座 第4回】コントロールの概念を学ぶ!ヒンズーシャッフルを使ったボトムコントロールと2枚のジャックがカードを捕まえるマジック

前回初めてのシークレットムーブを使ったマジックを解説しました。前回はとにかくお客様の前で技法を使うことを体験してみようということでなるべく扱いやすく単発の技法で行えるマジックを解説しましたが、今回はさらに本格的な技法にチャレンジしてみます…

【カードマジック入門講座 第3回】指先のテクニックを使ったマジックに挑戦!スリップカットとエースが集まるマジック

カードマジック入門講座も3回目になりました。今回はついにマジックにおける秘密の技法を、指先のテクニックを使うマジックにチャレンジしてみたいと思います。とはいえ最初ですから、負担の少ない技法をひとつ覚えるだけでできるマジックを選びました。 技…

【カードマジック入門講座 第2回】基本的なシャッフル・カットのやり方とお客様の選んだカードを当てるマジック

今回はカードマジック入門講座の第2回です。第1回を読んでいない方は順番に読んでいただかないとわからないと思いますので、興味のある方は第1回からご覧いただければと思います。 magic.butsuyoku.top さて、第2回となる今日は、トランプを扱う上での基本と…

【カードマジック入門講座 第1回】トランプの基本的な扱い方と技法のいらない予言のマジック

今回からカードマジックをはじめたいという方向けに入門講座をやっていきます。全体で10回になる予定です。 内容はトランプの基本的な扱い方からはじめて、5~6程度の秘密の技法が使えるようになるところまでをやります。毎回ステップアップしながら1個ずつ…

【マジック紹介(動画あり)】幻の訪問者「The Traveling Visitor(トラベリング・ビジター) 」

別の場所に置いたはずのカードが現れ、幻のように消えてしまう。ラリー・ジェニングス師の「Visitor(ビジター)」は素晴らしい傑作です。高木重朗氏が日本にで紹介するときに「幻の訪問者」という邦題がつけられましたが、幻想的で非常に良い名前ですね。 …

【初心者へのアドバイス】カードマジックに使いやすいトランプとは?

トランプを使ったカードマジックの多くは仕掛けのない普通のトランプで演じることができるものです。しかし、どんなトランプでもいいかというとそんなことはありません。 カードマジックではほとんどの場合、紙製の質の良いトランプが使われます。 それはそ…

【マジック紹介(動画あり)】古典的コインマジックの名作!「Coins Through The Table(コイン・スルー・ザ・テーブル)」

古くからあるコインマジックのプロットの一つに「Coins Through The Table(コイン・スルー・ザ・テーブル)」というものがあります。直訳すると「テーブルを貫通するコイン」。現象も正にタイトルのとおりコインがテーブルを貫通するというマジックです。 …

【初心者へのアドバイス】サーストンの三原則を知ろう!

マジック界でよく知られた教訓にサーストンの三原則と言うものがあります。サーストンというのは昔アメリカで活躍したマジシャン、ハワード・サーストン氏のことですが、実際には氏の言葉ではないようです。偉人の名前を借りてそれらしい名言が流布するのは…

【マジックのマナー】マジシャンがお客様からモノを借りるということについて考えてみよう

マジックを演じると使っている道具が怪しい、仕掛けがあるのではないかと疑われることがよくあります。そうした疑いをなくすためにマジシャンはお客様に仕掛けがない道具であることを示したり、道具を検めてもらったりするわけですがが、より確実な方法とし…

【マジック紹介】美しいコインズ・アクロス「Winged Silver(ウイングド・シルバー)」

コインマジックの代表的現象、コインズ・アクロス。そのバリエーションは無数にありますが、中でも有名な作品のひとつにデビット・ロス氏の「Winged Silver(ウイングド・シルバー)」というマジックがあります。 一枚ずつ枚数を確認しながら右手に握ったは…

【マジック紹介】コインマジックの代表格〜見えないコインの飛行「Coins Across(コインズ・アクロス)」

カードマジックと並びクロースアップマジックの2大ジャンルと言えるのがコインマジックです。そのコインマジックでもっとも代表的な現象といえば、僕はコインズ・アクロスだと思っています。 コインズ・アクロスと言うのは手から手にコインが移動する現象の…

【初心者へのアドバイス】マジックの難しさは誤解されている!練習の重要性とマジックに慣れることの大切さ

マジックやっていると言うと「器用なんですね」と返ってくることが多くあります。そう言ってくる方にはマジックは手先が器用でないと難しいというイメージがあるんでしょうね。逆にマジックはタネさえ知れば誰でも簡単にできると思っている方もいます。 たし…